御魂舞(みたままい)

神音 宇花がライフワークとしている神舞(かみまい)。各地の神社等でも奉納させていただいております。

 

御魂舞(みたままい)は、宇宙や自然、そして高次の神々や精霊たちともに、その人の「魂」のカタチをオリジナルの創作舞にしてお伝えします。

舞発祥の地で舞われる、あなたの魂の物語。

あなたは、何が好きですか? あなたのうれしかったことは何ですか? 悲しかったことは何ですか? 大切にしているものはなんですか?

───あなたの魂は、どんな物語を紡いできたのでしょう。

 

あなたの魂の物語を読ませていただき、あなたのサポーター(神様、ガイド、精霊たち)とともに、舞という表現のかたちで、あなたの魂を祝福させていただきます。

所要時間
約100分

料金(※春のキャンペーン中)

7,000(税込)
※2024年4月中お申込みの方は、春のキャンペーン料金で。


セッション場所
奈良県桜井市
神音宇花オフィス → 土舞台
★土舞台は、聖徳太子が日本国で初めて国立演劇研究所と国立劇場を設けた場所で、芸能発祥の地と伝えられています。神音宇花オフィスから、徒歩10分の場所にあります。

☆彡 セッション内容

1.事前準備/ソウル・リーディング
(セッション日以前に、舞の構成のため、遠隔であなたの魂のストーリィをリーディングさせていただきます。前もってのフィードバックはいたしませんが、当日セッション時にお伝えすることはあるかもしれません。)
2.当日前半/エネルギー・チューニング(ヒーリングと波動言語による音調整)
3.当日後半/御魂舞(みたままい)

 

舞発祥の地、土舞台で、あなたの魂のストーリィ、魂の姿をオリジナルの舞にさせていただきます。
あなたのソウル(魂)と繋がり、舞という目に見えるカタチで、ソウル(魂)のエネルギー・変遷を表現します。

舞の前には、あなたの魂と深く繋がるため、エネルギー・チューニングをさせていただきます。ヒーリングや、波動言語による音調整(ライトランゲージ、宇宙音の歌)を行ってから、土舞台に移動します。

自然や宇宙の星々、守護の方々(ガイド、神々、精霊、天女たち)とともに、あなたの魂を祝福するため舞わせていただきます。

【ご予約から当日までの流れ】

【1】まず、ご予約をお願いします(→ご予約・お問合せフォームへ)。

【2】当方で内容を確認し、料金の振込先などの諸連絡と、セッション日(舞をする日)のご提案をメールでいたします(休業日を除き、通常3日以内にご連絡いたします)。

【3】問題がなければ、お代金をお支払ください(料金は、銀行・ゆうちょへの当方指定口座へのお振込か、クレジットカード決済がご利用可能です)。日程が確定した段階でご予約確定となります(ご予約確定後は、《キャンセル規定》が適用されますのでご確認ください。《キャンセル規定》は、このページの最下部に記載しています。)

【4】当日、セッション(舞)をさせていただきます。なお、舞は外で行いますので、荒天・雨天の場合は、日程を変更させていただきますのでご了承ください(日程を変更する場合は、前日にご連絡いたします)。 

【キャンセル規定】キャンセル・日程変更について

セッション日が決定した段階で、正式なお申込み受諾となります。その後のキャンセルは以下のキャンセル規定を適用させていただきます。

7日前以降のキャンセル料は50%、前々日以降のキャンセルは100%となります。当日の、無連絡キャンセルも100%キャンセル料をいただきます。キャンセルの場合はお早めにご連絡ください。

 

病氣、家族のご予定、お仕事の都合などで、やむを得ない急な予定変更等による日時の変更については柔軟に対応いたしますので、ご都合が悪くなられた場合は、お早めにご連絡ください。